新穂峠に向かって挫折したあと、これまた久しぶりの品又峠へ行ってきました。
直線距離で南東方向にわずか約3km、こちらは新穂峠と違ってアクセスは容易です。


揖斐高原スキー場跡から
DSCN5970_R


荒れ放題の品又林道。
でもこのレベルなんで四駆軽バンなら行けますよ(笑)
DSCN5971

DSCN5972_R


一部で有名な(笑)品又ロータリーを経て
DSCN5974_R


新穂品又林道の様子見に。
DSCN5975_R


この灯籠は無事ですが・・・
DSCN5982_R


崩落箇所はさらに大規模になってました。
名前では新穂峠へ繋げる計画だったようですが、もはや夢のまた夢w
DSCN5984_R


戻って品又峠へ。
DSCN5977_R


チェーンが垂れ下がって地面に着いてます。
これなら楽勝!
DSCN5978_R


手作り看板が付いてました。
厳密には品又峠はここではないんですが…まあエエでしょ
DSCN5980_R


スキー場に入れました!
2015年に来て以来かも
標高は1000mちょいで風も涼しいし、青空が気持ちいい!
DSCN5988_R

DSCN5993_R

DSCN5994_R


ちょうどお昼前だったのでカップラをいただきます
DSCN5995_R


昼メシ後、前回も前々回もスルーしてしまった展望台へ行ってみましょう!
DSCN5998_R

取付き口は草ボーボー
DSCN6004_R


螺旋階段は錆びまくりでちょっとビビリながら上がってみたら、展望台はご覧の通り。
床板がありません
結構コワイ
DSCN5999_R


でも眺望は最高でした!
DSCN6000_R

↓セローが小さく見えます
DSCN6002_R


さて、ここからどうしようか思案しました。
スキー場を突破するか、引き返すか…
スキー場の敷地内は私有地なので流石にちょっと気が引けます。
でもこの日は日曜日。駐車場でドリフト大会やってるようでしたが、お昼過ぎで静かになってます。
これは関係者も昼メシに山を下りたのではないか・・・


ということで、ソロリソロリと下りていきます。
人影が見えたら引き返すつもりでした。

DSCN6006_R



センターハウスが近づいて来ましたが、幸いにも人はいませんでした。
無事に脱出できましたが、あまりオススメはできません。
DSCN6007_R


このあたりのログ
0002
拡大
0005
 
リンクはこちら(開かなかったらゴメンナサイ)


ちなみにこのルート、峠だけ分断されてる県道40号なのです。
山神さんの断密シリーズには出ておりませんw


ということで、久しぶりの品又峠~奥伊吹スキー場でした。

この後はちょいと寄り道しておりますが、また気が向いたらアップするかも。



にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ